小話 八月帰省編③

八月帰省編第三弾です。
父親と弟のネタが多いようです。
あと、この話は彼の体験談そのものであり、
「某A大学のことは書かないでくれ」と言っていました。
なにか問題があるようなので。
ちなみに今回の話は一つです。
_____________________

・高校二年 夏
僕は時々ストレス解消に、

「セミ撃ち」!!

・・・じゃない。ごく稀に・・・・・・

家の庭で木刀をブンブン振り回す。

うん。ターゲットも何も無く。
右に左にビュンビュンフルスイング。
ちなみに夜ね。昼は職務質問くらうからね。

で、そんな高校二年の夏。

家の前の道路を暴走族のお兄さん方がなぜかゆっくり通過。
もちろん僕に気づいた。・・・・・・が、

暴走族A「・・・・・?」

白「・・・・・・?何でしょうか?」(肩に木刀担いだ状態)

暴走族B「ん?どした?」

A「いや、なんかあいつが・・・・」

白「何スか?」(歩み寄る)

A「やばい!おい!行くぞ!!」

B「ハァ?何言って・・・・」

A「いいから行くぞ!!」

白「?いや、あの、ちょっと・・・・」

と、なんか激しい誤解を招いて、暴走族退散。
六人ぐらいいたのに一斉に逃げたようだ。
仲間引き連れてきたりしないよな?と思いつつその日は爆睡。

・・・・・と、次の週。回覧板が

一枚目に「暴走族とそのあおりについて」
このごろうるさい彼らの問題を取り上げていた。

・・・・・・ん?・・・・・え゛え゛っ!!??

「彼らを暴力で解決しようとする、という事例が報告されています。
このような行為は絶対にやめましょう。」


・・・・やべ。マークされた。
勘弁してよー、もう。

ストレス発散できないじゃん!!

______________________

えー、ここで終わっています。
なんか中途半端ですね。
白夜に詳しく聞いてみます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • k

    管理人さんも副管理人さんも元気にされてるようでなによりです。
    しかし夏休みなのにほっとできない家というのもなかなか大変そうです。
    「ホームレス大学生」の向こうを張って本でも出しますか、、、
    2008年10月31日 10:31

この記事へのトラックバック